子育て方針Our Policy

子育て方針Our Policy

policy: 1どろんこの運営理念

子ども
すべての大人が、障害がある子・障害がない子・幼児・乳児が生活・遊び・労働を教えあい、やってみたいことを選び、日々を暮らしてゆけるよう、環境を用意し、見守り、支援する。
保護者
親代わりとなり、子育てを協働する者として、子どもの昼間の様子を手に取るようにお伝えする“3分間お迎え対応”“毎月の園だより・ちきんえっぐだより発行”を実践する。
どろんこパーソン
一人一人が必要なことを提案し、親に代わって背中を見せて子育てする。生きる力のある能動的な子どもを育てるために、受け身ではなく、自分自身を成長させる機会を自分たちでつくる。
地域
すれ違う人との挨拶・銭湯でお風呂の日・商店街ツアーといった地域交流を大切にし、地域の方が自由にキッチンやカフェを利用できるよう園舎・園庭を解放し、地域子育て支援に積極的に取り組む。

policy: 1どろんこの子育て理念

にんげん力。育てます。
「にんげん力」を身につけるために必要な遊び・野外体験を提案実践し、
“自分で考え、行動する思考”を育みます。

policy: 2どろんこの子育て目標

センス・オブ・ワンダー

子どもが“畑仕事・稲刈り・ヤギや鶏の世話などの労働”や、“自然の中での体験”を通して、ものの性質や身近な事象・生命の尊さ・食材や食の循環に気づくことができるように、10よりも100の経験の機会を創り、子どもが“したいと思う活動”を安全に行えるように見守り、支援してゆきます。

人対人コミュニケーション

園外では「すれ違ったすべての人」と挨拶を交わすことを園の約束としています。銭湯でお風呂の日、商店街ツアー、青空保育など地域交流を実施し、一人でも多くの人と挨拶を交わし、一つでも多くの仕事を目にする機会を用意し、“感じたこと・考えたこと”を言葉で、ジェスチャーで、表情で、描いて、造って、表現できる子どもを育成します。

policy: 3どろんこグループミッション

「0を1に変える力」を
日本中の子どもたちにつけ、
物事を投げ出さずに向き合う若者が
社会を支える世の中を創ります。
PAGE TOPtop