JR本八幡駅で、1日駅長体験!

2015.03.25

#保育

市川どろんこ保育園

先日、市川どろんこ保育園に通う4、5歳児の子どもたちが、千葉県市川市の本八幡駅で1日駅長体験をしました。本八幡駅の駅ビル「シャポー本八幡」さん、そして「JR本八幡駅」駅員のみなさんの全面協力のもと実現した、貴重な体験活動です。

まずは、新幹線「はやぶさ」「スーパーこまち」のペーパークラフトに挑戦。はさみとのりを上手につかって、最後に名前のシールを貼ったら、完成!シャポーのみなさんや駅員さんに優しく教えてもらいながら、かっこいい新幹線がたくさんできました!

新幹線のペーパークラフトに挑戦
ネームシールを貼って、完成

次は、駅中探索。駅員さんと手をつないで、駅のいろいろなところを歩きました。切符の買い方を教わったり、エスカレーターに乗ってホームまで行ってみたり。

手をつないでホームへ

今回は特別に、駅員さんの事務室にも入らせてもらいました。仮眠室では、宿直用のベッドで大はしゃぎ!二段ベッドに上り「カーテン閉めて!開けないで!」と、しばらく出てきません。寝坊防止の定刻起床装置を起動してもらうと、突然膨らむベッドに「キャ〜っ!!」っと大歓声。

宿直用ベッドを占拠
定刻起床装置に大はしゃぎ

ほかにも、事務所には複数のモニターやマイクなど、子どもたちの目を引くものがいっぱい!マイクの前に立って、「次はトウキョウです。次はー、トウキョウです。」とアナウンスの真似をする子も。駅をぐるりと一回りした頃には、駅員さんともすっかり仲良しになりました。

駅員さんの事務室
事務所のモニターやマイクに夢中

探索の後は、ホームを出たり入ったりする電車をみんなで見学。出て行く電車の運転手さんに、大きく手を振りました。

駅長さんによる説明
運転手さんに手を振る園児

最後に駅長さんから、一人ひとり作った新幹線を手渡ししてもらい、貴重な体験活動は終了しました。

今後も、子どもたちのコミュニケーション力を育むべく、地域の方と関わる機会を増やしていきたいと考えています。シャポー本八幡さん、JR本八幡駅の駅員のみなさん、本当にありがとうございました。

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop