宮下どろんこ保育園の上棟式で餅まきを開催!

2018.01.05

#保育

宮下どろんこ保育園

年の瀬も迫った12月27日。2018年4月より民営化され、どろんこ会に移管される「宮下どろんこ保育園」の新しい園舎の上棟式にて餅まきが行われました。

上棟式とは

上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し、無事、建物が完成することを祈願する儀式。棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)、建舞(たてまい)とも呼ばれます。

工事に関わった人が一同に会し、今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に建物をつくり上げていこうとする意思表示の会でもあります。

古くは平安時代から始まる伝統的な儀式ですが、近年は省略化され上棟式や餅まきを見る機会は減りつつあります。

どろんこ会は「保育園」という単なる「うつわ」をつくるだけでなく、「保育園」を通して人と人とのつながり、地元の方々とのつながりを育んでいきたい、という考えから2018年4月より民営化される「宮下どろんこ保育園」の新園舎にて上棟式を執り行いました。

破魔矢を飾る安永
棟木に吹き流しを飾り、盛り塩をして御神酒をお供えします。
拝礼する一同
竣工後も建物が無事であるよう、またここで育つ子どもたちの健やかな成長を願いました。
園児の前で話す安永
現在の宮下保育園の園児たちが参加。理事長の安永が挨拶をします
市関係者挨拶
君津市長代理として保健福祉部長の岸様からもお言葉を頂きました
現場監督挨拶
株式会社新昭和の現場監督諏訪園様が式を取り仕切ります

いよいよお楽しみの餅まき

餅まき開始!この日のために地元の和菓子屋さんがつきたての紅白餅を届けてくださいました
君津市の岸部長、新旧保育園の園長そして安永の4名が櫓のうえから景気よく紅白餅やお菓子をまきます
歓声を上げながら、元気いっぱいお餅やお菓子を拾う子どもたち
終了後はこれからも素晴らしい「ご縁」が続きますように、と「5円玉」を子どもたち一人ひとりに配りました

伝統をつなぎ、次の世代へ

晴天の中、木造のフレッシュな木の香りのする現場で行われた上棟式。この日の行事が何かしらの形で子どもたちの記憶に残り、新しい園舎に親しみと期待を感じてもらえれば嬉しいです。伝統のある宮下保育園の想いを引き継ぎ、移管後も地元の方々に愛される保育園を目指していきます。

ここでなら実現できる!そんな環境があります。

どろんこ会は、あなたの「やってみたい!」を応援します。

新卒・中途問わず、想いのある方からの応募をお待ちしています!

採用情報をみる

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop