開催間近・残席わずか!子育て支援講座「AI時代を生きる子どもたちの子育てとは?」

2020.01.30

#イベント

イベント

どろんこ会グループの子育て支援イベント「科学・情報教育研究者にきく! AI時代を生きる子どもたちに 生涯必要な『学ぶ力』をはぐくむ子育てのヒント」は、いよいよ2020年2月1日(土)に開催です。現在、多くの方にお申し込みいただき、残席わずかになっているため、ご興味をお持ちの方はお早めにお申し込みください。

講座概要

【子育て支援イベント】科学教育・情報教育研究者にきく!AI時代を生きる子どもたちに生涯必要な「学ぶ力」をはぐくむ子育てのヒント

開催日時 2020年2月1日(土)15:00~17:00(受付14:30~)
開催場所 大橋会館201会議室 東急田園都市線「池尻大橋駅」下車、東口から徒歩3分 
参加費 無料(定員80名 先着順)

大橋会館へのアクセスについて

※託児はございません。大変申し訳ありませんが、会場の都合上、お子様の同伴はできません。

※保育・幼児教育・児童発達支援関係者、保育士を目指す方、学生の方もご参加いただけます。

詳細、お申込みなどはこちらから

お申込みページ

(外部イベント申込みサイトPeatixに遷移します)

イベントのチラシはこちら

科学教育・情報教育研究者にきく!AI時代を生きる子どもたちに生涯必要な「学ぶ力」をはぐくむ子育てのヒント

保育者向け講座の開催報告

1月26日(日)、保育・幼児教育、発達支援関係者、保育士を目指す方など向けの子育てスキル講座「科学教育・情報教育の研究者にきく!AI時代を生きる子どもたちに生涯必要な『学ぶ力』をはぐくむ保育とは?」を開催しました。どろんこ会グループ職員は本社会場のみならず、北は仙台、南は沖縄まで、9拠点でサテライト会場を設置して参加。今回の講座のテーマでもあったICT(情報通信技術)を活用した学び合いを、Web会議ツールを使って実践しました。

サテライト会場の様子約130名の職員がサテライト会場で参加した

今までの教育やこれからの教育について講演を聞いた後、子どもだちが大人になった時の社会を見据え、「今、私達に求められている保育は何か」をディスカッション。保育分野以外の方も参加されていたこともあり、様々な視点での意見が飛び交うグループワーク、発表となりました。

グループワークの様子グループワークの様子
サテライト会場でのグループワークサテライト会場でもグループワークを実施

アンケートでは、

  • 一つのテーマを立場が異なる人々で深く話すことができてよかった
  • 「保育」に携わる意味を再認識できる機会だと感じた
  • 乳幼児期に大切なことを再確認できた

との感想をいただきました。私たち自身も、今後もこのような講座を通して、様々な方々と学び合いを続けていきたいと思います。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop