「危ないからダメ」が正解か?三原どろんこ保育園の園庭改良

2015.11.26

#保育

三原どろんこ保育園

第四弾は、ボルダリングのウォールづくり。スタッフも含め、総勢65名が参加しました。三原どろんこ保育園で、昨年度より始まった園庭改良プロジェクト、最新の取り組みをご紹介します。

園庭改良プロジェクトとは

自然との積極的な触れ合いを通じた子どもの発育に力を入れるどろんこ会で、昨年度より始まった保育所(保育園)の園庭を改良する取り組みです。三原どろんこ保育園では、保育士などの職員に加え、保護者のお父さんお母さんも参加。子どもたちの心身の育ちを保護者とともに考え、手作りによる「もっとチャレンジできる環境」の実現を目指しています。

第三弾、吊り橋づくりをみる

ウォールづくりに立ちはだかる大きな壁

pic02
右手が三原どろんこ保育園の荒川園長。本日の作業計画を発表します。
pic04
ウォールにドリルでホールドを取り付ける穴を開けます。
pic03ホールドの取り付け作業。子どもをだっこしながらお母さんもがんばります。
pic05
子どもたちもお手伝い。真剣です。
pic15
ヤギも心配そうに作業を見守ります。
pic06
現れた全長4mの巨大ウォール。お父さん4人掛かりで運びます。
pic09
「三原北壁」に挑戦!見事、初登を達成しました。
pic10
どんどん登る子どもたち。自然と三点支持を覚えます。

「壁、ちょっと高すぎやしませんか?」

ご家族からも率直な声が聞かれた今回の園庭改良。我が子が遊ぶ場を自分の手でつくることからの責任と、遊びを通じて最高の体験を味あわせてあげたい愛情の狭間で、揺れる親心。みなさん真剣だから、心配なのです。

「子どもはあんがい慎重だから、無茶なんかしないよ」

という声。

「念のため、下にマットかなにかを敷いたほうがいいんじゃない?」
「いや、そうすると逆に無茶をしたがる子もいるでしょう」

立ちはだかる大きな壁を前に、なかなか答えの出ない話し合いが続きます。

「危ないからダメ」が正解か?

どこまでやったら危ないか、してよいことと、したらいけないことを、教えられるのではなく、自ら気づき、危険を避ける。それを学ぶことのないまま育ってしまうことこそ、一番の危険ではないでしょうか。少なくとも、あらゆる危険を排除するのが最善の安全対策なのであれば、保育の現場からすべての自由が失われてしまいます。

だから三原どろんこ保育園の荒川園長自身、このように話します。

「安全と危険は隣り合わせ」

何が危ないのか、どうして危ないのか、それでもなぜやるべきなのか。一つひとつ丁寧に説明し、作業中も保護者さまとコミュニケーションを取りながら、より良くする方法を模索していきます。園の独りよがりではなく、保護者さまの言いなりでもなく。大事なのは、「子どもにどんな環境で育ってほしいか」を本音で語り合い、一緒につくり上げていく姿勢に他なりません。

「ちょっと危ない、だけど気をつければ大丈夫」

子どもたちはこの感覚を得て、理屈を知り、生きるために必要な力が育まれるのです。危険の排除よりも、体験の機会が大切であると、あらためて気づくことができた今回の園庭改良。子どもたちはもちろん、大人たちにもたくさんの発見があった一日でした。

参加者の声

子どもたち自身がルールを学ぶきっかけに
pic12終了後の飲み会の幹事役としても活躍する澤本さん

「今回はすごいチャレンジでしたね。大人から見ても壁の高さに驚きます。まぁ、うちの子が落ちて多少ケガするくらいならいいと思うんです。痛い目に遭って、覚えることが大切ですから。安全に遊ぶためにはどうしたらいいか?というルールづくりが課題じゃないでしょうか。それを守ることの意味を、子どもたち自身が学ぶきっかけになればいいですね」

保育園を一緒につくっている感覚
pic13
ご家族で参加の木村さん。三原どろんこ保育園の開設当初からのお付き合い。

「園庭改良は第一回目から参加していて、もう一緒に保育園つくっている感覚ですね。でも今回は、最初は危ないかなって思ったんです。あんな高い所まで登るんですよ。ところが、登っているときの子どもはまじめに集中して、悪ふざけする子はいなかったですよね。子どもって意外と慎重だなって思いました」

次回、園庭改良の予定

pic11
今回もたくさんのご家族にご協力いただきました。次回もぜひよろしくお願いします。

次回は来年1月または2月の予定です。室内遊具の改良に挑みます。

  • 園庭改良のご参加は、三原どろんこ保育園にお子さまが通園中の保護者さまに限定させていただいております。
  • 参加・見学をご希望の方は、三原どろんこ保育園に直接お問い合わせください。

三原どろんこ保育園の詳細をみる

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop