2018年 どろんこ米 稲刈り体験ツアーレポート

2018.10.04

#イベント

食育

園児が「経験して知る」ことを日々の保育で重視しているどろんこ会グループでは自分たちの手で作物を育て、収穫し、加工する食育体験に取り組んでいます。
その一つとして、設立当初より毎年春と秋に3歳児以上の園児を対象(保育者と園児のみ)に、南魚沼での1泊2日の田植え・稲刈り体験ツアーを実施し、自分たちの手で田植え、稲刈りをしたお米を給食で使う自給自足の食育を行っています。今回は今年の稲刈り体験ツアーの様子をお伝えします。

「ホンモノの経験」を通して学ぶ

どろんこ会グループの稲刈りでは、園児が本物の鎌を使って、稲を刈ります。「危ないから、使わせない」ではなく、正しい使い方を教えることで、園児は自分で経験しながら、道具の使い方を習得していきます。日常生活の中で、子どもたちが経験から学ぶことが減ってきた昨今、園児たちがホンモノの経験を通して、自分ができる仕事に取り組みます。

保育園の外の世界で1泊2日、子ども達だけの宿泊体験

朝、バスで関東の各所属園や待ち合わせ場所を出発した子ども達。到着後はお昼ご飯を食べてから稲刈り開始!
本物の鎌を使うので事前にしっかりお話を聞きます。

本物の鎌を使います
鎌の持ち方、稲への鎌の当て方、注意点など、実演を通して学びます。
いざ稲刈り!
さあ、いざ稲刈り!
稲架掛け
みんなで刈った稲は稲架掛け(はざかけ)にして干し、お米をしっかり乾燥させます。
田んぼ遊び
稲刈りの後はそのまま田んぼで遊びました。雨上がりだった稲刈り当日、いつもはないはずのぬかるみが現れ、子ども達は早速どろんこ遊びに
あっという間にどろんこ
田植え体験のときのように思いっきりどろんこになっている子も!

稲刈り後はみんなでお泊り体験

美味しい夕食
稲刈りと田んぼ遊びを満喫した後は、宿に戻ってお風呂で泥と汗を流して美味しい夕食の時間
みんなで歯磨き
夕食後は歯磨き、寝る支度をします。子ども達だけでもちゃんとできたね!
寝る前の絵本タイム
お休み前の絵本読み聞かせタイム。みんなでおやすみなさい!
宿主と打ち合わせ
その間、職員は宿の方と打ち合わせを行っていました。安全にツアーを進めるため、細かな部分も確認を怠りません。

翌朝も体験ツアーまだまだ続く

稲刈り体験ツアーは稲刈りだけ、ではありません。南魚沼の大自然を満喫できるよう、ツアーのスケジュールの中には「自然遊び」が盛り込まれています。

朝食後の自然遊びの時間は「舞子スキー場」に遊びに行きました。

思いっきり駆け回ります
数ヵ月後には雪で埋もれるスキー場も今はまだ駆けっこし放題!

子ども達は広大な敷地を思う存分駆け回り遊びました。職員手作りの図鑑を持って植物探しを楽しんだ子ども達もいました。

その後、宿に戻って精米したてのお米を、南魚沼に昔から伝わる「ぬか釜」で炊いていただきました。

ヨシタニさんでぬか釜体験
宿の方々がぬか釜とご飯に合う豚汁、漬物を用意してくれました。
炊きたてのお米
ぬか釜で炊いたお米はふっくらつやつや!子ども達も大満足の様子でした。
宿の方のお見送り
美味しいご飯をお腹いっぱい食べたら、お世話になった宿の方々にご挨拶をして、南魚沼での滞在は終了。帰途に着きました

食べることは生きること、全ては子ども達の「にんげん力」を育むために

今年は酷暑の影響もあり、通常よりも約1ヶ月程度早い時期の稲刈りツアー催行となりました。酷暑、そして長雨が続き稲刈り直前まで心配された稲でしたが、子ども達の手で一株一株刈られていきました。
刈られた稲は脱穀(稲からもみをはずす)をして、もみすりをし(玄米)、精米(5分づき)をして各地のどろんこ会の保育園に出荷され、園児が食べる給食として使われています。白米よりも栄養価の高い5分づきのお米は玄米よりも食べやすく、子ども達が自分達の手で植えて、収穫したものなので稲刈り後はよりもりもりと給食を食べるようになります。

南魚沼の田んぼと子ども達
収穫したお米が各園に届くのはもう少し時間がかかりそうですが、田植え・稲刈りの体験を通じて「みんなで育てたお米だね」「このお米はあの田んぼから来たんだね」と、笑顔で給食をおかわりする子ども達が、今年も沢山見られそうです。

※「田植え・稲刈り」は園行事ではなく課外体験であり、株式会社日本福祉総合研究所が企画運営しています

子育てで世界を変えませんか?

新卒・中途問わず、想いのある方からの問い合わせ・ご応募をお待ちしています!

採用情報をみる

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop