つむぎふじみ野「早くも収穫!」

2020.06.15

#発達支援

発達支援つむぎ ふじみ野ルームブログ

もうすぐ梅雨入りという6月初旬、登園を自粛していた子どもたちも戻ってきて、にぎやかなふじみ野どろんこ保育園とつむぎふじみ野ルームが帰ってきました。

じゃがいもはぐんぐん育ち、畑を埋めつくすほどになりました。プランターに植えたじゃがいもは成長が早いのか、すでに葉が枯れて収穫のタイミングを迎えました。そこで、急遽、ふじみ野ルームのマンスリーコースを利用の子どもとどろんこ保育園のみんなで収穫してみることにしました。

茎を引っ張ってみたけれどじゃがいもは出てきません。

ちぎれた茎を見つめる子ども

ちゃんと育たなかったのかなと心配しながら土を掘ると・・・たくさんのじゃがいもが獲れました~!

掘りたてのじゃがいも

直径3~5センチくらいのじゃがいもが10個ほど収穫できました。植物の成長を感じ、また自分の力で見つけたという達成感も得ることができました

収穫したじゃがいもは、素揚げにして保育園のお友だちと一緒にいただきました。縁側にただよういい香りに子どもも大人もみんなが集まって、収穫の喜びを分け合いました。

縁側に集まっている子どもたち
素揚げのじゃがいもを食べる子ども
  • 自分の手を使って収穫する:触覚
  • 土からじゃがいもを見つけたり、揚げると色が変わる様子を見る:視覚
  • 調理の中で様々な音に触れる:聴覚
  • 素揚げのいい香りを感じる:嗅覚
  • みんなで味わう:味覚

このように五感をフル活用した体験ができるのは、たっぷり時間のあるマンスリーコース利用ならではの魅力です。

畑に植えたじゃがいもももうすぐ収穫を迎えそうです。現在、収穫体験のイベントを企画中です。楽しみにしていてくださいね。

文:発達支援つむぎ ふじみ野ルーム職員

発達支援つむぎ ふじみ野ルームの施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop