つむぎ荻窪ルーム、畑活動に力を入れています!

2019.09.09

#発達支援

発達支援つむぎ 荻窪ルームブログ

発達支援つむぎ荻窪ルームでは畑活動に力を入れています。子どもたちがグループ活動や個別指導の時間で植えてくれた野菜たちは、すくすくと育ち、収穫の季節となりました。

収穫したミニトマトやにがうりなど
収穫した枝豆

7月はそんな畑で育った野菜を実際に収穫して食べてみようという体験学習を行いました。収穫できた野菜は、枝豆、しそ、とうもろこし、ゴーヤ、ミニトマトなどたくさん!枝豆は枝についている状態だったので子どもたちも興味津々!しその香りを嗅いでみると「うわっ!」という声や顔をしかめている子もいました。自分たちで枝からはさみを使って枝豆を取り、水で洗って塩もみし、茹でたら、いざ実食!

枝から枝豆をはさみで切る子ども
枝豆の塩もみをする子ども

スーパーで売っている枝豆と畑でとれた枝豆を食べ比べてみました。「どっちがおいしい?」と聞くと「こっち!」と畑でとれた枝豆を指さす子どもたちもいれば、「とまらない」と言って黙々と食べている子どもたちもいました。お母さんやお父さんに枝豆を渡して、「おいしいね」とお互い笑顔を見せながら一緒に食べている姿もとてもよかったです。

枝豆を食べる子ども

一生懸命ハサミを使って枝豆をとっている姿や力加減を調整して枝豆を食べている姿が見られ、充実した体験学習になりました。今後も畑活動に力を入れて、子どもたちが経験できることを増やしていきたいです。

文:発達支援つむぎ 荻窪ルーム職員

発達支援つむぎ 荻窪ルームの施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop