「保護者交流会」を開催しました。

2019.08.02

#発達支援

発達支援つむぎ 桶川ルームブログ

昨年に続き、今年度も発達支援つむぎ桶川ルームに通う保護者の方同士が交流を図る場、「保護者交流会」を開催しました。

会の始まりは、「我が子をイメージした色を3色選ぶ」作業からでした。生まれたときのイメージカラーや兄弟の名前にちなんだ色など、皆様思い思いに色を選ばれていました。選んだ色をコットンで伸ばして作品作り。完成後は、完成した作品の紹介・選んだ色の選択理由を発表しました。

好きなカラーを選ぶ保護者
紙に色をつけていく保護者

後半の保護者交流会では、就学に関する悩みや関わり方で成功した体験等、さまざまなお話を交換することができました。

あるお母様の言葉に「小学校入学を考えたときに、わからないことが多すぎて困っていた。今回いろんな方とお話することができてよかった」との感想がありました。今回の保護者交流会を終えて、改めて感じるのは「言葉にする」というのは、とても大切であるということでした。

「うちの子どうしよう。座れない」の言葉に、「全然うちの子なんて、そこにいるだけでも成長したよ」とやりとりができるのは、やはりこの会の醍醐味だと思います。まっすぐに我が子を見る姿勢と、他の方の言葉を受けて子育て方法に新たなエッセンスが加わる様子はとても新鮮でした。

次回は9月に予定をしております。次回はどんなお話が聞けるのかとても楽しみです。

文:発達支援つむぎ 桶川ルーム職員

発達支援つむぎ 桶川ルームの施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop