つむぎ桶川9月体験学習「アクアリウムをつくろう」

2020.10.13

#発達支援

発達支援つむぎ 桶川ルームブログ

発達支援つむぎ桶川ルームの9月の体験学習は、小さい自分だけの水族館「アクアリウム」を作りました。魚は、「赤ひれ」という熱帯魚です。

手作りアクアリウム

瓶の中に、石やカラーサンドを少しずつ入れていきます。スプーンで少しずついれる子や、砂の感触を確かめながら手で入れる子、水草を入れるとうっとり眺める子など様々です。

アクアリウムを眺める子ども

海のお部屋は「シアター水族館」です。床にはウォーターマットを敷いて、少し薄暗い空間はまるで海の中のようです。ゆったりとした時間が流れていきました。

シアター水族館

じっくり、真剣に先生の話を聞いて作り上げたアクアリウムの空間に、愛おしさを感じて小さい赤ひれを探しています。

アクアリウム作り

赤ひれに名前をつけたり、大事そうに持ち帰ったりするやさしい子どもたちの姿を見ることができました。いつもあたたかく見守ってくださる保護者の方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

アクアリウムづくりの様子

文:発達支援つむぎ 桶川ルーム職員

発達支援つむぎ 桶川ルーム施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop