新羽どろんこ保育園の「どろんこ祭り」に参加しました

2019.08.13

#発達支援

発達支援つむぎ 横浜東口ルームブログ

7月の発達支援つむぎ横浜東口ルームの体験学習は、新羽どろんこ保育園の「どろんこ祭り」に参加してきました。

「どろんこ保育園はどんなところかな?」「どんなお祭りなのかな?」

集合した子どもたちの顔はドキドキ、ワクワクしていました。はじめての場所に緊張している子どもたちもいました。でも、お祭りが始まり、周りの子どもたちの様子を見て、職員とお話しているうちに「ゲームをやってみようかな」と挑戦した子どもたちも。

ゲームは子どもたちの様子に合わせて、職員が少しお手伝いをしながら、なるべく子どもたち自分の力で行いました。すると、達成感を感じられたようで笑顔がたくさんみられました。

保育園の子どもたちや地域の方もいらっしゃって、保育園の中は大賑わい。そんな中、いつもどおりに過ごせる子もいれば、びっくりしてしまう子も。でも、だんだん慣れてきた様子でした。少し疲れた時は静かな部屋で休憩です。少しゆっくりしてパワーを貯めた子は、またゲームのお部屋に戻っていました。

綿あめ屋の看板

つむぎ横浜東口ルームの出店は「自分たちで作るわたあめやさん」です。ざらめを入れるところから、子どもたち自身で行いました。「わたあめを作るって熱いんだね」「クルクルするのは難しい」といろんなことを感じながら、頑張って自分で作ると…「いつもよりもおいしい!」と店の前には子どもたちの行列ができました!

楽しそうな盆踊りに一緒にリズムに合わせて体を動かしたり、おみこしを追いかけて一緒に「わっしょい」と掛け声をあげたり、食べ物をほおばったり、子どもたちが思い思いにお祭りを楽しんだ体験学習となりました。

おみこしを担ぐ子どもたち
盆踊りをする子どもたち

文:発達支援つむぎ 横浜東口ルーム職員

発達支援つむぎ 横浜東口ルームの施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop