池上どろんこ「みんな大好き焼き芋大会」

2021.12.28

#保育園

池上どろんこ保育園では、毎年園庭で焚き火の焼き芋大会を行っています。

数日前から皆で新聞紙を使って火種を手作りしていたので、大会当日の朝、子どもたちは焼き芋を楽しみに登園してきました。

今年度から火起こしは、こめ組の子どもたちがやります。そのために、事前にマッチの使い方を保育者から教えてもらい、はじめは一緒に付け、慣れた子は一人で付けられるようになりました。火の暖かさや匂い、危ないことも知り、貴重な経験となりました。

マッチを使って火を付ける子ども
焚き火を囲む子どもたち

こめ組が上手に火を付けると、園舎の中から外の様子を眺めて待ちわびていました。

まず、全クラスでさつま芋を新聞紙で巻き、水で濡らし、アルミホイルで巻きます。みんな器用に巻いていました。

さつま芋を新聞紙で包む子どもたち

焚き火に芋を転がし入れるときは、風下に立たないように煙に気を付けながら行います。「できるの楽しみだね」と子どもたちは目をキラキラさせていました。

さつま芋の焼き上がりを待つ子どもたち

40分程火を通したら完成です。子どもたちも「いいにお~い」と話していました。

園庭にブルーシートを敷き、焼き芋を切ってからいざ実食。焼き芋の味を聞くと「おいしー!」と子どもたちと保育者から大きな歓声が上がりました。

焼きあがったさつま芋を食べる子どもたち

また来年が楽しみですし、焼き芋以外にも挑戦していきます。

文:池上どろんこ保育園職員

池上どろんこ保育園施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop