越谷どろんこ「10年目の夏、いよいよ始まります!」

2021.07.19

#保育園

越谷どろんこ保育園は、今年度で開園して10年目を迎えました。

園舎は古民家風の佇まいで、玄関のアプローチを抜けると、大きな築山に、大きなヤギ、長い縁側には提灯がゆらゆらと揺れる園舎が見えてきます。

泥や芝生の心地よい感触をたっぷり味わいながら、子どもたち一人ひとりが、思い思いに戸外遊びを満喫し、夕方暗くなるとアプローチの行灯がぼんやりと降園する帰り道を照らしてくれます。

越谷どろんこ保育園の外観

さて、梅雨の最中でも日に日に日差しがまぶしく、本格的な夏の足音が迫っていた6月。

暑くなり子どもたちは自然と水・泥遊びに夢中になっています!

泥プールに寝そべって、体いっぱいでトロトロの泥の感触を味わい、

泥遊びに夢中になる子どもたち

築山でのスライダーも始まりました。

築山でスライダー遊びをする子どもたち

泥だらけになった後は自分たちで洗濯した帽子を干して、また午後の遊びに備えます。

干してある帽子も子どもたちの日常が垣間見え、味のある風景です。

子どもが縁側に帽子を干す様子

園見学や子育て支援センターとしての園庭開放などを実施しておりますので、ぜひ遊びにいらしてください。

文:越谷どろんこ保育園職員

越谷どろんこ保育園の施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop