越谷どろんこ「子どもたちとつくるどろんこまつり」

2021.08.25

#保育園

日々子どもたちが夢中になっている様々な『遊び』を、とことん追求できるようにと願いを込めて、”毎日がどろんこまつり“と題し、7月の1カ月にわたりいろいろな祭を楽しみました。

子どもたちの「あれがしたい!」「これがしたい!」を拾い、一緒に話し合いながら楽しみ、特に盛り上がった祭の様子をのぞいてみましょう。

園庭での水遊びの様子

とことん水で遊んだ『水まつり』では、廃材容器を使った見立て遊びが始まりました。子どもたちの想像力により、水がジュースに変わり、「ぶどうジュースどうぞ」「こっちはりんごジュースだよ」など、やりとりが盛り上がっています。

水遊びをする子どもたち

その後、色水遊びに発展した際は、色水を凍らせたらどうなるのか?と子どもたちの疑問から氷づくり、『氷まつり』へと繋がりました。氷の冷たさを感じながらも少しずつ触ることに夢中になっています。

色水を凍らせて遊ぶ子どもたち

越谷どろんこ保育園ならではの“どろんこまつり”を子どもたち、職員共に楽しみました。

天井から吊るしたてるてる坊主と提灯

文:越谷どろんこ保育園 職員

越谷どろんこ保育園のインスタグラムを見る

越谷どろんこ保育園施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop