発達支援つむぎ 吉祥寺「武蔵野中央公園での青空保育」

2021.06.22

#発達支援

発達支援つむぎ 吉祥寺ルームブログ

こんにちは。発達支援つむぎ 吉祥寺ルームです。今回は、「地域にお住まいのお子さんを共に育てていくこと」を目的とした取り組み「青空保育」のご紹介をいたします。

日頃から「子ども管理人」の活動でお世話になっている武蔵野中央公園の管理センターの方々に、公園の一部をお借りして今年の4月から「青空保育」を行うこととなりました。

青空保育のチラシと看板

つむぎ吉祥寺ルーム近くのカフェやお弁当屋さんにもご協力いただき、「青空保育」のチラシを置かせていただいております。また公園内にも展示していただき、地域の皆様と共に子育てに関わることの大切さを感じます。ご協力いただいている皆様に感謝いたします。

青空保育のチラシ

「青空保育」の内容は、まずは「手遊び」を楽しみ、「大型紙芝居」「大型絵本」などを順に読み聞かせします。初日は、職員が中央公園に到着し「青空保育」の看板を用意し始めると、待っていてくださったのか、さーっと多くの方が集まってきてくれました。皆様、ご家族で楽しんで参加してくださいました。

大型絵本の読み聞かせ
大型絵本の読み聞かせ

また、2回目の時は地域の方から、「いつ始まりますか~」と声を掛けてきてくださいました(どろんこ会の制服も覚えてくださったのかもしれません)。心待ちにしてくださっている方がいらっしゃることがわかり、張り合いがでます。子どもたちと手遊びや踊りを楽しむと、お父さんお母さんも一緒に体を動かしてくださいます。ご家族で楽しんでいただき嬉しく思います。

手遊びをする職員

現在は、つむぎの子どもたちと青空保育で読み聞かせする「大型紙芝居」を作成中です。絵具だらけになりながら、模造紙に絵を描いています。次回はその様子をお伝えします。

文:発達支援つむぎ 吉祥寺ルーム職員

発達支援つむぎ 吉祥寺ルームの施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop