越谷どろんこ保育園に行って「どろんこ」になろう!

2019.09.27

#発達支援

発達支援つむぎ 桶川ルームブログ

発達支援つむぎ桶川ルームの9月の体験学習は、越谷どろんこ保育園(埼玉県越谷市)でどろんこ遊びをしました。つむぎの子どもたちと保育園の子どもたちはほとんどが初対面でしたが、多く言葉を交わさなくても、あっという間に一緒に遊び始めました。「あの小屋のニワトリをお外に出したい!」という声が聞こえれば、どこからともなく「このホウキを使って鍵を開けられるんだよ!」と子どもたちが寄ってきて・・・気づけば一緒にニワトリを追いかけたり、捕まえた虫をニワトリに食べさせたり。お友達とのふれあいも自然遊びも十分に体験することができました。

鶏に触れる子ども

ヤギにえさをあげたり、ブラッシングをしたり。初めての経験におそるおそる挑戦する子もいれば、楽しそうに目を輝かせて草を集め、何度もえさをあげに行く子まで、普段はなかなか経験できない近距離での動物たちとのふれあいをたくさん経験できました。

ヤギに餌をあげる子ども

動物たちと遊んでいる中、後ろを振り返ると、楽しそうにウォータースライダーを楽しむ子たちの姿が。あっという間にみんなが集まってきて、大人が言葉をかけなくても自然と順番に並びすべります。最初はすべることを躊躇していた子どもたちも、ほかの子の楽しそうな姿に背中を押され、最終的には全力で楽しんでいました。

築山から滑る子ども

いっぱい遊んでお腹がペコペコになったら、お待ちかねのお弁当タイム。みんなそれぞれ好きな場所でお弁当を食べます。園庭の築山の上は見晴らしも最高で絶好のお弁当ポジション。みんなと一緒に、いい景色を眺めながら食べるお弁当は、いつもよりとってもおいしく感じますね。

お弁当を食べる子ども

お弁当を食べ終わったら、保育園の先生やお友達に「ありがとうございました、また遊ぼうね」のごあいさつ。みんなニコニコ笑顔で、とっても楽しい体験学習となりました。

文:発達支援つむぎ 桶川ルーム職員

発達支援つむぎ 桶川ルームの施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop