どろんこ会グループ2021年度 新卒入社職員 オンライン内定式を開催

2020.12.24

#イベント#採用情報

内定式 採用 新卒

2020年12月18日、どろんこ会グループの2021年度 新卒入社職員内定式を開催しました。今年は新型コロナウイルス感染症対策として3密を避けるため、初のオンライン開催となりました。

初のオンライン開催。想いを込めたプレゼントボックスで歓迎の意を。

内定式の企画運営を担うのは人事採用部。「毎年、内定式の参加者から『同期と親睦を深めることができてよかった』『先輩職員の話を聞いて、働くイメージが持てた』『温かく歓迎してもらえて嬉しかった』などの感想をもらいますが、今年は初のオンライン開催。例年以上に職員同士の繋がりを感じられる会にするにはどうしたらよいかと頭を悩ませました」と話すのは、担当者の鈴木さん。人事採用部で何度も打ち合わせを重ねて、内定者一人ひとりにサプライズでプレゼントボックスを送ることに。プレゼントボックスには、本来ならば理事長から直接手渡しされる内定証書の他、4月以降現場で使えるキャップ、祝内定の文字が刻印されたカステラ、どろんこ会オリジナルデザインのマグカップにステッカーを詰め合わせました。

プレゼントボックス
心を込めて用意したプレゼントの数々
「例年、式の後半に軽食を食べながらゲームなどで盛り上がる懇親会を行っています。オンラインでも、リラックスしながら参加してもらいたいと思い、カステラやマグカップを用意しました。オンラインだからこそできることに目を向けて、これまでにない新しいアイデアがたくさん詰まった内定式を目指しました。物理的に距離があっても、同期や先輩職員との繋がりを感じてもらえると嬉しいです」と鈴木さんは語ります。

配送前のプレゼントボックス
配送当日。本社の会議室にずらりと並んだプレゼントボックス

内定式当日、130名の内定者がオンラインで集結!

時間になると、リクルートスーツに身を包んだ内定者の皆さんが続々とZoomへ入室してきました。総勢130名。画面越しにも緊張が伝わってくる中、内定式がスタートしました。安永理事長の挨拶では、4月に新しい仲間を迎え入れられることに対する感謝と、これからの世の中の変化と子育ての重要性について、そして、社会に出る内定者の皆さんへのアドバイスなど、熱いメッセージが語られました。高堀代表取締役からは、入社数年目の職員が企画・実現した保育の実例をもとに、チャレンジする気持ちの大切さ、そして、どろんこ会にはその気持ちをサポートする体制が整っているという力強いメッセージが語られました。

内定式の様子
画面越しに緊張の面持ちの内定者の皆さん
挨拶をする安永と高堀
安永理事長、高堀代表取締役の挨拶。パソコンを前に熱く語りました

新卒入社職員代表3名による答辞では、「食育を通じて子ども達に食事のすばらしさや楽しさを伝えたい」「子ども達やご家族の方々の笑顔のために、ここにいる同期と協力し合い精進したい」「大切なことを子ども達に教えるためには、自分自身のにんげん力を鍛えなければいけない。失敗を恐れず、どんなことにも挑戦する勇気を持って、子ども達と共に成長していきたい」と、三者三様に来年の入社に向けた意気込みを話してくれました。

新入職員代表3名
新入職員代表3名による答辞発表

先輩職員と同期同士を繋ぐ懇親会

後半の懇親会では、同期同士や先輩職員との親睦を深めることを目的に、Zoom上で少人数のグループに分かれ、ゲームや会話を楽しみました。それぞれのグループに数名の若手先輩職員が入り、自己紹介をしたり、ゲームの回答を話し合ったり、内定者の皆さんが入社にあたって不安に思っていることに先輩職員が回答する場面もありました。式の前半に比べ、表情が柔らかくなってきた内定者の皆さん。せっかくここで同じグループになったのだからと、連絡先を交換する姿も見られました。

おそろいのマグカップで乾杯する様子
おそろいのマグカップで乾杯!

コロナ禍に加え、これから到来する未曽有の人口減少と高齢化。このような時代を生き抜く子ども達を育てる私たちの仕事に終わりはありません。まっさらな新卒入社職員たちの、過去の常識にとらわれない新しいアイデアをたくさん取り入れながら、これからもより良い保育の実現に向け成長し続けます。

ここでなら実現できる!そんな環境があります。

どろんこ会は、あなたの「やってみたい!」を応援します。

現在も若干名募集しています。2021年3月卒業予定の方は、以下のページよりぜひエントリーしてください。

2021年度新卒採用エントリーページを見る

関連する記事

最新の採用情報

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop