保育士インタビュー「保育実習で幼稚園教諭から保育士転向を決めた」

2019.08.01

#採用

採用インタビュー

どろんこ会グループの保育士新卒採用では、学生の方が気軽にどろんこ会グループの保育について質問したり、就職活動や就職後の不安を相談したりなどできるよう、入職2~3年目の先輩保育士が「リクルーター」として、様々な採用活動に参加しています。

今回はそのうちの一人、入職2年目の國谷さんに、「なぜ保育士になったのか」「就職活動で大事にしたこと」「社会人になってからのこと」などについてインタビューしてみました。

幼稚園の先生から保育士へ。きっかけは保育実習

どろんこの保育について説明する先輩保育士入職2年目、就職セミナーでリクルーターを務める國谷さん

—保育士になろうと思ったきっかけは?

実は、最初は幼稚園の先生に憧れていました。「自分だけのクラスを持ちたい」と思っていたからなのですが、考えが変わったきっかけはどろんこ保育園での保育実習でした。どろんこ保育園での「みんなで子どもを保育する、育てる」ことがとても楽しかったので、「保育士になろう!」と決めました。

—就職活動の時はどのような視点で就職先を探しましたか?

職員の方の接し方や園長先生の考え方、園の方針を重視しました。

—どろんこ会グループに入職を決めた理由を教えてください。

外で裸足になってどろんこになったり、水で思いっきり遊べたりなど、自分自身が「楽しい!」と思えることが素敵だと思ったからです。

—今の所属園の雰囲気はどのような感じですか?

大変な時はみんなで気を配りながら協力ができる園です。色で例えるとオレンジだと思っています。

—どろんこ会グループの保育士になって、楽しさややりがいを感じるのはどんな時ですか?

子どもたちの成長を感じた時、保護者の方と子どものエピソードをお話しする時です。

—ちょっと辛いな、大変だったと思ったことは何ですか?

「自分でやろう」という気持ちがなくなりそうになったこと。自由にチャレンジできる環境だからこそ、発想力がないと感じた時に大変だなと思ったことがあります。

—その時はどうやって乗り越えましたか?

まず、「自分だったらどんなことを楽しいと思うか」を考えてやってみることで乗り越えました。

社会人になって

質問に笑顔で答える先輩保育士年齢の近い先輩保育士だから学生さんも話しやすい

—初任給をもらった時の気持ち、何に使ったか教えて下さい。

初めてまとまったお金が入り、これからどれぐらい口座に貯まっていくのか、期待でいっぱいになりました!

—休日はどんなことをして過ごしていますか?

買い物、ドライブ、デートなど必ず外出しています。

—就職活動中の学生さんに一言

保育士は子どもに関わる仕事なので、毎日、毎年違う一面があり大変なこともありますが、それが喜びだったりします。まずは自分が「楽しそう!やってみたい!」と思うことが大切です。そう思える園を見つけて選んでくださいね。

新卒保育士の採用について

どろんこ会グループの保育園に興味をお持ちの保育学生の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

新卒保育士の採用情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop