船橋どろんこ「畑仕事」

2021.12.27

#保育園

船橋どろんこ保育園は園庭のない3階建ての保育園なので、小さな畑と縁側や屋上のプランターで野菜を育てています。1階の畑やプランターは陽当たりが悪く、屋上は陽が当たりすぎて作物がなかなか育たないという環境の中、毎年試行錯誤をしながら畑仕事をしています。

畑にすいかの苗を植える様子

夏にすいかの苗を1階の畑と屋上のプランターに植えました。土を耕す作業を行なった後、腐葉土や化成肥料を混ぜ込み野菜の土を入れて土作りをして苗を植えました。畑の苗は枯れてしまいましたが屋上のプランターには小さなすいかが実をつけ、みんな大喜びでした。でも、すいかは鳥たちにも好評で、残念ながら1つ鳥に食べられてしまったので、次回は鳥対策も考えます。

ゴーヤを収穫する子どもたち

ゴーヤは1階に植えた苗が2階、3階まで伸びて、たくさん実をつけました。大きなゴーヤを収穫しているところです。収穫したゴーヤは素揚げをして食べました。子ども達には少し苦かったようです。

プランターの赤紫蘇を観察する子どもたち

赤紫蘇が1階のプランターにたくさんできました。給食の先生に紫蘇ジュースを作るところを見せて頂きました。赤紫蘇を煮だした汁にレモンの汁を入れると鮮やかな赤になる様子を興味深く見ていました。

プランターの土に触れる子どもたち

他にもトマト、きゅうり、おくら、ラディッシュを収穫し、今はバジルとスナップエンドウが芽を出しています。写真は冬に向けて、かぶ、人参、大根を屋上に植えているところです。土に触れ、ミミズや幼虫に出会いながら土作りをして種をまきました。これからもみんなで野菜を育て、少しでも野菜に興味を持ち、野菜を好きになってくれたらいいなと職員一同、願っております。

文:船橋どろんこ保育園職員

船橋どろんこ保育園施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop