中里どろんこ「ピザ作り」

2021.09.24

#保育園

夏野菜を使用して、中里どろんこ保育園の全員でピザ作りを行いました。

0歳児はフリーザーバッグにトマトを入れ、ピザ用ソース作りを体験しました。最初は袋を開けようとしたり、袋越しにトマトを食べようとしたりする姿もありましたが、保育者が「こうしたらトマトの形が変わるよ」などと言葉がけをすると、見て真似て手を動かしていました。自分で潰したトマトの形の変化を見て、不思議そうな表情を浮かべる姿が印象的でした。

トマトをつぶす0歳児

1、2、3、4歳児はピザ生地の上にトマトソースを塗り、野菜やチーズのトッピングをしました。いざ、ピザ作りが始まると「ピーマンがいい!」「チーズものせたい!」など食材の名前や自分の希望を伝えてトッピングを楽しんでいました。山盛りにのせる子や、具材を1つずつつまんで広げてのせる子、食べてしまいそうになる子など様々な様子が見られました。

ピザ生地にトッピング

5歳児はトッピングに使用する野菜を、包丁で切りました。包丁の使い方を教わると、慎重に野菜を切っていきました。作り終えると「見てー!出来たよー!」「早くピザ食べたい」と口々に話し、焼きあがるのを楽しみにしていました。普段は食べられない野菜を「美味しい」と言って食べる姿に保育者も嬉しくなりました。

野菜を切る5歳児

ピザ作りを通して、トマトをつぶした時に出る音を聞き、感触を楽しみ、においを嗅ぎ、ピザを噛むなど、五感を刺激したクッキング活動となりました。子どもが意欲的に食材に興味を持ち、作り、食べる。という食育体験になりました。

文:中里どろんこ保育園 職員

中里どろんこ保育園施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop