三筑どろんこ「どんぐりみーつけた」

2021.12.13

#保育園

三筑どろんこ保育園では、園の周辺を散策したり、公園へ行ったりと、散歩に行く機会を多く取り入れています。すれ違う地域の方に「おはようございます!」と元気いっぱい挨拶したり、手を振ってちょっとした会話を交わし交流したり、自然に触れ季節を感じながらお散歩を楽しんでいます。幼児クラスだけでなく、乳児クラスの子どもたちも友だちや先生と一緒に手を繋いで少しずつ距離を伸ばし歩けるようになってきました。

散歩に行く様子

先日、諸岡中央公園にお散歩に行った0,1歳児クラスの子どもたち。公園内を散策していると、どんぐりが落ちているのを発見。「あっ、どんぐり!」「いっぱいねー」とみんな大喜びで、手に持ちきれなくなるほどたくさんのどんぐりを夢中になって拾っていました。

どんぐり拾いに夢中になる子どもたち

拾ったどんぐりは保育園に持ち帰り、後日どんぐりのマラカスを作りました。空のペットボトルやケースの中に好きなだけどんぐりを入れて蓋をし、周りをシールで飾り付けたらどんぐりマラカスの完成です。さっそく作ったマラカスを振って、どんな音が鳴るか試していましたよ。

どんぐりマラカスを作る様子

そして、自分で作ったどんぐりのマラカスを使ってミニ演奏会の始まりです!保育士のピアノに合わせて体を揺らし、マラカスを振って演奏会を楽しみました。

演奏会の様子

文:三筑どろんこ保育園職員

三筑どろんこ保育園施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop