発達支援つむぎ 調布「畑仕事・夏野菜の準備」

2021.05.21

#発達支援

発達支援つむぎ 調布ルームブログ

5月に入り、日差しが強くなってきましたね。発達支援つむぎ 調布ルームでは、夏野菜の種まき、苗の植え付けが始まりました。植え付けの日は雨が降っていたので、かっぱを着て畑に向かいました。

土を掘る子どもたち

トウモロコシの種を植えています。黒いシートが土の上にかかっているため、掘りにくいことを想定しましたが、畑に行く前に「スコップを縦に入れて掘る」を練習したこともあり、上手に掘ることができていました。自分でスコップの向きを調整したり、シートの穴の大きさを自分で広げたりする子ども達の姿がありました。

土を掘る子どもたち

本物に触れながら、自分でどうしたらうまくいくのか、友達はどうやっているのかを見たりして考えるなど「自分で試行錯誤する時間を作ること」を畑仕事では大切にしています。

トウモロコシの種をまく子
トウモロコシの種をまく子

「トウモロコシのたねってピンク色なんだ」と種を見て、皆驚いていました。

トマトの苗を植える

次にトマトの苗を植えます。トウモロコシより土を深く大きく掘る必要がありましたが、苗が入る穴の大きさまで、何度も確認しながら掘ることができていました。

種・苗の植え付けが終わり、最後に自分たちで作ったプラカードを畑に飾ります。「皆で早く収穫したいね」「トウモロコシをポップコーンにして、作るところを皆でやりたいね」など、収穫を楽しみにしている声も出ていました。畑の準備から収穫・調理までの流れを体験してもらうことを、今年は特に力を入れていきたいと思っています。皆で力を合わせて美味しい野菜を作っていきましょう。

文:発達支援つむぎ 調布ルーム 職員

発達支援つむぎ 調布ルーム施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop