発達支援つむぎ 阿佐ヶ谷1月体験学習「にじいろグループ」

2021.01.26

#発達支援

発達支援つむぎ 阿佐ヶ谷ルームブログ

発達支援つむぎ阿佐ヶ谷ルームの1月体験学習は、今年度4回目の「にじいろグループ」でした。異年齢、自由な表現、やりたいことを自分で選択する、友達と相談するなどをねらいとした「にじいろグループ」は、2020年7月以来の開催でしたが、前回話した約束を覚えていて、スタッフに自分から確認してくれる子もいました。

片栗粉粘土で遊ぶ子ども

感覚遊びが楽しめるお部屋では、片栗粉粘土を作って遊びました。「友達のと混ぜたい!」と自発的に友達と関わる姿も見られました。

手形

たくさん混ぜて感触を楽しんだ後は、模造紙にダイナミックに手形をつけて遊びました。時間が経つと片栗粉粘土が固まるということを発見して楽しんでいました。

ジャンプする子ども

プレイルームでは、身体をおもいっきり動かして遊んでいました。最初は高いところから飛び降りることを怖がっていた子も、何度も挑戦するうちにジャンプして飛び降りることができるようになりました。その様子を見ていた他の子も真似してやってみようとするなど、子ども同士の関わりも生まれていました。

ボール遊びする子ども

これは同い年の子たちが相談しながらボールを使った遊びを一緒に考えているところです。「ここにかごを置いてボールが入ったら勝ちにしたら?」など、二人でルールを考えながら遊んでいました。

今年度最後のにじいろグループでしたが、子どもたちがやりたいことを自分で考え、実際にやってみて楽しみ姿を見て、私たちもたくさんの発見をすることができました。今後も子どもたちの「やってみたい!」という想いを実現できるよう、スタッフ一同試行錯誤しながら子どもたちと関わっていきたいと考えています。

文:発達支援つむぎ 阿佐ヶ谷ルーム職員

発達支援つむぎ阿佐ヶ谷ルームの施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop