つむぎ駒沢ルーム「焚き火体験」

2019.12.06

#発達支援

発達支援つむぎ 駒沢ルームブログ

2019年11月9日土曜日。日差しが暖かな日。発達支援つむぎ駒沢ルームでは、駒沢はらっぱプレーパークにて「焚き火体験」を行いました。今回は炭火で火を起こすことにみんなで挑戦です。

はじめに、火を使うこと、楽しく遊ぶためのお話を、イラストを用いてスタッフから説明しました。みんな真剣な表情で聞いています。

火をおこす前に、まず石を運んで囲いを作りました。火のそばにはお水も必要です。「石を運んでくれる人!」「お水を運んでくれる人!」と言葉をかけると「はい!」「私やる!」と石を何度も運んでくれたり、お水を3人で協力して運んだり、みんなで力を合わせて準備をしました。

いよいよ火をおこします。お父さまたちが大活躍です!

うちわで火起こしする子ども

炭への着火は少し時間がかかります。うちわで扇いでお手伝いしました。

うちわを仰ぐ子ども

火がつくと「やったぁ!」とみんなで喜び合いました。

火がついたらお楽しみタイムです。まずは、さつまいもに新聞紙をまき、水でぬらして、アルミホイルで巻いて「やきいも」づくりです。初めての体験に、お母さんやお父さんととても楽しそうです。

さつまいもを水に濡らす子ども

今回は、サツマイモだけではなく、バナナやマシュマロも焼いて食べました。「焼けるかな~」と真剣な表情です。

マシュマロを焼く子ども

普段はサツマイモやバナナなどあまり食べない子も、自分で焼いたマシュマロやバナナには興味津々です。口に運ぶとマシュマロがとろけて「おいしい!」と思わず声が!

食べた後はみんなでプレーパークでおままごとをしたり、アスレチックに挑戦したり、手作りの遊具や自然に触れて楽しみました。

ままごとをする子ども

つむぎ駒沢ルームでは、これからも「戸外活動」を大切にしながら、子どもたちが本物の体験ができるよう様々なアプローチを行ってまいります。

文:発達支援つむぎ 駒沢ルーム職員

発達支援つむぎ 駒沢ルームの施設情報を見る

関連する記事

最新のどろんこアクション記事

どろんこ会からのお知らせを見る

お知らせ一覧へ
PAGE TOPtop